放浪猫

主にガジェットとかの雑記

【運用編】Windows10 + Git + Tortoise Git + DropBoxな環境構築

前回の記事でGit導入した後の話。

hourouneko.hateblo.jp

※以下が導入済みの環境であるとします。
Windows
・Git for windows
・Tortoisegit
Dropbox

 

■共有リポジトリの作成
1.DropBoxに共有フォルダを作成
  C:/Users/user_name/Dropbox/share

2.共有フォルダに共有リポジトリ(リモートリポジトリ)を作成
  例「share.git」フォルダを作成
  C:/Users/user_name/Dropbox/share/share.git

  「share.git」内で右クリック→《ここにGitリポジトリを作成》→「Bareを生成」にチェックを入れて《OK》を押下。
  ※「Bareを生成」にチェックを入れないと、後々ローカルからリモートリポジトリへプッシュする際に、エラーが発生してプッシュできない


■ローカルリポジトリの作成
1.Dropboxからローカルへリポジトリをクローンする
  例 C:/Users/user_name/workspace/local

 localフォルダ内で右クリック→《Gitクローン》
  URL      C:/Users/user_name/Dropbox/share/share.git
  ディレクトリ C:/Users/user_name/workspace/local

 OKを押下するとクローンされる。


■ローカルリポジトリの更新とプッシュ

1.ローカルでファイルを作成、更新
 C:/Users/user_name/workspace/local/test.txt

2.ローカルリポジトリに追加
 《Tortoisegit》→《追加》→ 表示されたダイアログにて「test.txt」が選択されていることを確認
 《OK》を押下。

3.コミット
 localフォルダ上で右クリック→《Git コミット -> master》
 メッセージ欄には、変更履歴を記載する。《OK》を押下。

4.共有リポジトリへプッシュ
 localフォルダ上で右クリック→《Tortoisegit》→《プッシュ(リモートへ反映)》を選択。
 ※もともとDropboxからクローンしてきたプロジェクトであれば、デフォルト設定のまま《OK》を選択すると、プッシュは完了。

 

【導入編】Windows10 + Git + Tortoise Git + DropBoxな環境構築

環境構築時のメモとして記載します。

1.Git for WindowsTortoise Git をダウンロードする

・Git for Windows

 https://git-for-windows.github.io/ 

 ※以下の説明では Git for Windows v2.11.1とします

 

Tortoise Git

 TortoiseGitのインストーラとランゲージパックをダウンロードします。

 32ビット版と64ビット版がダウンロードできるので、自分の使っているWindowsと同じ物を選択してください。

Download – TortoiseGit – Windows Shell Interface to Git

 

2.Git for Windowsをインストールする。

インストール時の設定

「Run Git and included Unix tools from the Windows Command Prompt」
「Checkout as-is, commit as-is」
「Use MinTTY」
でインストール。あとはデフォルト。

 ※詳細は以下を参考にするといいかも。

 私家版 Git For Windowsのインストール手順 | OPC Diary

 

3.Gitのグローバルコンフィグの設定
Git bashを起動
$ git config --global user.name "名前 苗字"
$ git config --global user.email "hoge@email.com"
$ git config --global core.quotepath false
$ git config --global gui.encoding utf-8

※ユーザーフォルダ下の.gitconfigに保存される

※書くの失敗しても後から修正できるので適当でおk

 

4.SSHキーの作成 ※必要な人。後からでもたぶん作れる。
Git Guiを選択して起動。
HelpメニューのShow SSH Keyを選択し、Generate Keyをクリック。
パスフレーズを入力します。

もう一度聞かれるので、同じパスフレーズを入力します。

パスフレーズを二回入力すると、環境変数homeのディレクトリの下に.sshディレクトリが追加され、そのディレクトリに公開鍵(id_ras.pub)と秘密鍵(id_rsa)の二つのファイルが追加されます。また、上画面には公開鍵が表示されます

 

5.Tortoise Gitをインストールする

デフォルトでぽちぽち。

 

6.Tortoise Gitのランゲージパックをインストールする

デフォルトでぽちぽち。

 

 7.DropBoxアカウント

作ってログインできることを確認しておいて。

 

導入編おしまい。運用編につづく。

hourouneko.hateblo.jp

 

スマホアプリ CloudBeats で複数の端末でプレイリストを同期する話

お疲れ様です、ゆきしろです。

みなさん、クラウドストレージサービス使ってますか?

DropBoxとかOneDriveとかいろいろあるかと思いますが、撮影した写真のバックアップや、エンコードした動画とか、スマホ端末やタブレット端末で再生する音楽を突っ込むのに重宝しますね。

僕はスマホ端末の音楽再生アプリとして「CloudBeats」というアプリを使用しています。

ざっくりいうと、外部のクラウドストレージサービスに突っ込んだ音楽を、アプリでストリーミング再生やダウンロード再生できるアプリです。プレイリストも作成できます。

500-600円くらい($4.99)のアプリですが、ほかの有料サービスと比較してもとても使いやすいので重宝しています。(アップデートによる機能追加もちょくちょくありますし)

 

さて、本題。

最近あまり利用していなかったiPadをまた使用し始めることになったので、せっかくなのでiPhoneのCloudBeatsで聴いている音楽もかけたいな、と思いました。

 

そこで端末間でプレイリストが同期できないか調べたメモと、やり方ををまとめます。

(べつにiPhoneiPadに限った話ではないので、端末1、端末2と表記します。)

以下につらつらと。

 

 

■前提条件

  • 端末1、端末2どちらも同じクラウドストレージサービスと連携していること
  • 端末1、端末2どちらもモバイルデータ通信あるいはWiFiで通信可能な環境にあること
  • 端末2にプレイリストを作成しないこと(ローカルのものと混ざると面倒なので)

■プレイリスト共有

  1. 端末1でプレイリストを作成する
  2. 端末1 ≡メニュー > 設定 >  プレイリストの同期をONにする
    同期に使用するクラウドストレージサービスを選択。クラウドストレージサービスに「Music」フォルダが作成され、フォルダ内に「cloudbeats_playlists.cb」というファイルが作成される。例)Dropbox/Music/cloudbeats_playlists.cb
  3. 端末2 ≡メニュー > 設定 >  プレイリストの同期 をONにする
  4. 2.で選んだクラウドストレージサービスと同じものを選択する 例)Dropbox
  5. 端末2 ≡メニュー > プレイリスト を開く
  6. プレイリスト画面でスクロール更新すると自動的に読み込まれる
    →端末1とプレイリストを共有完了
     

【注意】

  • プレイリストはあくまでクラウドストレージサービス上にあるファイルを読みに行くだけのようです。つまり、直接端末1と端末2が同期処理を行っているわけではありません。
  • クラウドストレージサービス上のプレイリストの更新は自動では行われません。
  • 端末でプレイリストを変更したら、DropBox上のプレイリストを一旦削除(またはリネームしてバックアップ)し、アプリの同期ONから再度ファイルを作成したほうがおかしな挙動をしないようです。 ←ここでめっちゃハマった

 

 

bin+cueからmp3に変換するプログラム作った(前日のwav変換の続き)

どうも、ゆきしろです。

昨日の深夜にbinとcueファイルからwavを生成する何かができたので続きです。

wav作れるならmp3も作れるんじゃね?ってことで表題の件。

hourouneko.hateblo.jp

 

上で作ったwavをLAME.EXEに自動的にぶっこめばmp3ができんじゃねってことで、ちちんぷいぷいで作ったやつがこちら。(64bit版Windows10で確認。32bit版は持ってないので未確認)

 

www.dropbox.com

 

解凍パスワード:hourouneko161007

 

<使い方>

1.image.cueとimage.binがあるフォルダに解凍したbincue-mp3フォルダを置く。

2.bincue-mp3フォルダの中にあるstart.batをダブルクリック

3.192kbpsのmp3ができる。おしまい。

 

中で何やってるかはバッチファイル読んで。以上。

bin+cueからwavに変換するプログラム作った

お久しぶりです、ゆきしろです。

今回は以下の記事のソースを参考にbin+cueからwavに変換するプログラムを作りたいと思います。

 

bchunkをWindowsで使えるようにする (bin+cue→wav変換)mzex.wordpress.com

 

ちちんぷいぷーい。

できました。

自動実行するバッチファイルも一緒に作ったので超簡単にwav切り出しできるお。

 

www.dropbox.com

 

解凍パスワード:hourouneko161007

<使い方>

1.image.cueとimage.binがあるフォルダに解凍したbincue-wavフォルダを置く。

2.bincue-wavフォルダの中にあるstart.batをダブルクリック

3.wavができる。おしまい。

 

<備考>

Windows用。64bit版Windows10でしか確認してないお。

僕のための僕が使うプログラムなので、なんかあっても知らん。

めんどくさいクレーム来たら公開やめるのであしからず。

 

Windows10+VirtualBox+XPMode環境からR8C/33Aマイコンを動かす

お疲れさまです、ゆきしろです。

前回、Windows10にVirtualBox+XPMode環境を構築しました。

hourouneko.hateblo.jp

 

なんのためにそんな面倒なことしたかって、タイトルのとおり。

RenesasのR8C/33Aマイコンを動かすためですね。

このマイコンの通信部分のソフトをRenesas側がXPまでしかサポートしていないせいで、↑のようなXP環境を構築したわけで。

というわけで、今回は構築したXP環境に、マイコン開発環境を作ろうと思います。

 

----

準備するもの

Windows XP環境(今回はWindows10上のVirtualBox+XPMode)

・諸悪の根源であるマイコンボード付きの本(良本ですw)

 すぐに使える!実験・試作用マイコン・モジュール (シリコン・ディスカバリ・シリーズ)

・各種ソフトウェア

①「M3T-NC30WA【無償評価版】」

 R16C/R8C用Cコンパイラ・パッケージです。HEW4が同梱されています。無償版だと60日後にオブジェクトのリンクサイズが64KB以内に制限されますが、R8C/33Aは32KBのため特に制限は受けません。

②「M16C R8C FoUSB/UARTデバッガ(High-performance Embedded Workshop版)」

  無償提供されているR8C UARTモニタ・プログラム。OSのサポートがXPまでのため注意。Windows7以降だと、マイコン転送時に通信エラーが発生します。

③FDTI仮想COMポート用ドライバ VCP(USB接続されたマイコンをCOMポートとして認識させるため)

 XPのサポートが終了したためWindowsUpdateからのドライバインストールはできません。FTDI社のサイトにアクセスし、ドライバをインストールする必要があります。

④フラッシュ開発ツールキットFDT(無償版)

 最終的にマイコンフラッシュメモリに書き込むときに使うツール

⑤その他アップデートプログラムとか追加のMCU設定ファイルとか

----

準備

1.VirtualBoxのXP環境に①~⑤のソフトウェアをインストール

2.一旦VirtualBoxのXP環境をシャットダウン

3.ホストとなるPCにマイコンボードをUSB接続

4.Windows10のデバイスマネージャから2つのCOMポートとして認識されていることを確認

(例:COM6,COM7。USBを抜き差しして確認)

5.VirtualBoxの設定画面を立ち上げ、以下を設定。

・設定>USB>USBコントローラを有効化にチェックし、マイコンをさしているUSBポートの環境に合わせてUSB2.0コントローラー/USB3.0コントローラーを選択。

・設定>シリアルポート>ポート1>シリアルポートを有効化にチェックを入れる。

 ①「ポート番号」はCOM1を指定(XPからCOM1として認識する)

 ②「ポートモード」はホストデバイス

 ③「パス/アドレス」には手順4でホストのデバイスマネージャから確認したCOMを指定する。(例「COM6」)

 

・設定>シリアルポート>ポート2>シリアルポートを有効化にチェックを入れる。

 ①「ポート番号」はCOM2を指定(XPからCOM2として認識する)

 ②「ポートモード」はホストデバイス

 ③「パス/アドレス」には手順4でホストのデバイスマネージャから確認したCOMを指定する。(例「COM7」)

OKを押して設定完了。

6.仮想マシンのXP環境を起動する。

7.HEWを起動し、接続画面「Init(M16C R8C FoUSB/UART)」から以下を設定。

MCU:R5F21336CUART.MCU ※ない場合、追加パッケージがRenesasのサイトにあるのでダウンロードする。

・Serial

・Port:COM1

・BaudRate:38400

でOKを押す。

転送され、HEWのDebug画面でConnectedと表示されればOK。

※もし通信エラーが発生したときはマイコンの切り替えスイッチがDB側になっていることを確認してリセットボタンを押してください。

 

以上になります。あとは本の通り進めてください。

よき論理を!

Windows10 の最新VirtualBox上でWindows7用のXP Modeを動かす

お久しぶりです、ゆきしろです。

最近NEW XPS13(OS:Windows10Pro)を買いました。

ベゼルが狭くて快適です。

で、ちょっとマイコン触る必要が出てきたので、R8Cマイコンを触り始めました。

すぐに使える!実験・試作用マイコン・モジュール (シリコン・ディスカバリ・シリーズ)

上記書籍を参考に環境構築を行ったわけですが、問題が発生。

開発環境のHEWからボードについているminiUSBを経由してマイコンとの通信を行うのですが、

通信がうまくいかない。

原因はマイコン製造元のRenesasが提供する通信用FoUSB/UARTのソフトウェアがWinXPまでしかサポートしていない。それ以外のHEW環境は動きました。

んじゃWin10上に仮想環境を構築してXP起動してそこに改めて環境作ればよくね?と考え、最初に思いついたのが「Virtual PCのXP Modeを使う方法」。

しかしVirtual PCWindows7向けでして、Windows10からは Hyper-Vに仮想環境が置き換わりました。XP Modeをバラして展開してVHD作成してHyper-Vで読み込ませましたが、XP modeは起動するもののUSBが使えない罠。リモート経由になります。

 

で、Virtual BoxにXP Modeぶち込む作戦に変更。

本来サポート外のため、ここから先は完全に自己責任でお願いします。

続きを読む

Virtual BoxのExtension Packageインストールで失敗したので手動インストール方法

Virtual Box でUSB2.0/3.0使いたくなった時の話。

ライセンスの関係で同梱されていないため、Virtual Boxを導入後に別途エクステンションパッケージを導入する必要があります。

が、ダウンロードしてきたエクステンションパッケージインストール時にエラーが発生し、ちょっとはまったのでメモ。

 

環境(あんまり関係ないけど)

---

ホストOS:Windows 10 pro x64

Virtual Box : 5.0.16

ExtensionPackages :5.0.16

Virtual Box上の仮想マシンOS:Windows XP

---

通常のインストール手順

1.インストールされているVirtualBoxと同じバージョンのエクステンションパックをOracleのサイトからダウンロード

(※今回はOracle_VM_VirtualBox_Extension_Pack-5.0.16-105871.vbox-extpack)

2.Oracle VM VirtualBox マネージャーを起動

3.ファイル > 環境設定 > 機能拡張から右上にある▽のついたアイコンから、ダウンロードしたエクステンションパッケージを選択し、新しいパッケージを追加。

3.インストールでライセンス確認されるので、スクロールバーを最後まで下げて「同意します」をクリック

4.インストールに成功すれば完了

----

今回は手順4で以下のようなエラーが発生しました

----

The installer failed with exit code 1: VBoxExtPackHelperApp.exe: error: Failed to rename the temporary directory to the final one: VERR_ACCESS_DENIED ('C:\Program Files\Oracle\VirtualBox/ExtensionPacks/Oracle_VM_VirtualBox_Extension_Pack-_-inst-数字' -> 'C:\Program Files\Oracle\VirtualBox/ExtensionPacks/Oracle_VM_VirtualBox_Extension_Pack')

rcExit=1.

----

どうやらパッケージの解凍かファイルコピーあたりでこけている様子。

 

通常の回避策

・Virtual Box起動時に管理者権限で起動する

・C:\Program Files\Oracle\VirtualBox\ExtensionPacks下にフォルダがない状態にする

これでダメだったので手動インストールしました

 

手動インストール手順

----

1.ダウンロードしたエクステンションパッケージの拡張子を「tar.gz」に変更してリネーム

Oracle_VM_VirtualBox_Extension_Pack-5.0.16-105871.vbox-extpack

Oracle_VM_VirtualBox_Extension_Pack-5.0.16-105871.tar.gz

2.適当な解凍ソフトで解凍

3.C:\Program Files\Oracle\VirtualBox\ExtensionPacks下に「Oracle_VM_VirtualBox_Extension_Pack」フォルダを作成

4.解凍したエクステンションパッケージのファイルをすべて手順3のOracle_VM_VirtualBox_Extension_Pack内にコピーする(管理者権限を求められたら「はい」)

5.Oracle VM VirtualBox マネージャーを起動

6.ファイル > 環境設定 > 機能拡張 の一覧リストにコピーしたエクステンションパッケージが追加されており、有効にチェックが入っていることを確認する。

7.VirtualBoxから仮想マシンを起動

8.仮想マシンのメニューから デバイス > Guest Additions CDイメージの挿入を選択

9.セットアップ画面が表示されるのでセットアップを行う

(途中ハードウェアのインストール警告が何度か出るが「続行」を選択)

10.再起動されたら完了

----

 

汎用的な方法だと思いますので、

今後のアップデートなどで対応できないときは同様に手動解凍を行いたいと思います。

au IDを設定せずにLTEネットを解約してしまった時のau IDの発行方法

お久しぶりです、ゆきしろです。

お得に携帯運用しようとして、うっかりauID設定前にLTEネット解約しちゃうこと、ありますよね?

初期のauIDは基本的に電話番号がそのまま設定されますが、パスワードは契約した時の4ケタの数字です。

しかし、エラー画面(1001)に飛ばされるとどうしようもないです。

そんなときはどうしたらいいか。簡単です。

 

157に電話して、auIDの仮パスワード発行してもらいます。

そうすれば回線契約しなくてもauIDが作れます。

 

わざわざ1ヶ月だけLTEネットとパケット契約する必要はありません。

157の担当者によってはLTEネット契約しないと作れませんと言ってくる人もいますが、その時は別の担当に代わってもらうか、電話をかけなおしてみてください。

 

で、これがAndroid端末だった場合、結構状況はめんどくさいです。

auIDは発行できても、端末との紐付けができないからです。

 

対策としては、おもむろに別回線のiPhoneを取り出します。

そこからauスマートパスとか各種アプリの解約をしたりします。

これで解決です。

iPhoneなんて持ってない?

仕方ないのでスマートパス解約等は電話でするかauショップに行きましょう。

 

それにしてもauのシステムはところどころアレですね。

改善される様子もないですし。This is not good for the market.

LTEネット解約の際はくれぐれもお気をつけて。

 

八王子変態端末オフ2がネットの新聞記事になったようです

どうも、山梨県のゆきしろです。

良い夫婦の日である11月22日に良い変態たち(合法)が集まって自慢の変態端末を並べる不思議なオフ会に参加しましたが、その様子が八王子経済新聞さんから記事になったようです。

また、その際に提供させていただいた僕のコメントも掲載されたようです。

 

八王子で「変態端末オフ」-愛好者集い、メードが電波暗室の紹介も http://hachioji.keizai.biz/headline/1758/

 

慣れないコメント録音にテンパりながら、「あ、記者の人も端末のボイスレコーダーアプリ使うんだ」などと思いつつ提供したコメントでしたが、綺麗にまとめてくださったので大変感謝です。貴重な経験をさせて頂きました。ありがとうございます。

 

引用転載されてYahoo!ニュースにも。

 

主催の技適プリンスさん、場所を提供してくださったエイビットさん、セッションや貴重な端末を見せてくださったスタッフ・参加者のみなさん、「写真撮ってもいっすか?」と4回聞いてきて撮影したあとに「君はここにいてはいけない」「お前帰れよ」など貴重なアドバイス()を頂きましたモバイルプリンス氏、改めてありがとうございました。オキラジ楽しく拝聴させていただいてますよっと。

次は第三回八王子変態端末オフ(あるいは都内のオフ)で会いましょう。

ケーブル硬化のIE800が修理から無事に返ってきました

ゆきしろです、こんばんは。

みなさんイヤホンって何を使っているんでしょうか。

好みはあると思いますが、音場の広さと綺麗に伸びる高音に惹かれて今年の夏頃に中古のIE800を入手しました。

【国内正規品】ゼンハイザー カナル型イヤホン IE800

ゼンハイザーのイヤホンは高価なこともあってか、偽物も多く出回っているようですが、購入前に箱に添付されたセキュリティラベルと国内販売品には必ずついている保証書を確認してから購入しました。そのおかげで無事に正規品を入手できたので、イヤーパッドをコンプライのクッション性のものに変えてしばらく使用していました。

しかし、初期ロットのためかケーブル硬化がみられ、使いにくさを感じていたところ、保証書があれば無償修理をしてくれると聞き、11月頭にゼンハイザージャパンの修理窓口に送付しました。

修理先に到着しておよそ1週間ほど滞在したのち、つい先日無事に手元に帰ってきました。

続きを読む

週間アスキー「くるくるパッチンスマータブル防水ポーチ」を頂いたのでレビューしてみた

前々回の八王子変態端末オフ2で週アスさんからの貰い物ノベルティその2です。

見たことあるなーと思ったら2014年8月中旬の週アスの付録でした。

というわけでお風呂で早速レビュー。

続きを読む

サイトデザインを少し変えました

表題の件。といっても適用するテンプレを変えただけですね。

相変わらずぐだぐだなブログです。

私事ですが、会社のデスクに加湿器設置しました。

会社用なので安いやつ。

先月から悩まされていた肌荒れが多少改善されたような気がしています。

たぶん気のせいです。

思った以上に山梨は乾燥します。

盆地ならではというものでしょうか。

冬前に自宅用の加湿器が欲しいです。

ダイソンのちょっといい加湿器ください。

週間アスキー「超スマホアダプター」頂いたのでレビューしてみた

 

前回の八王子変態端末オフ2参加の際に、週間アスキー様よりノベルティを頂きましたので早速レビューしたいと思います。

頂いたのは超スマホアダプターと、くるくるスマータブルポーチ。

今回はアダプターのレビューをします。

くるくるスマータブルポーチはまた次回レビューを行いたいと思います。

続きを読む

八王子変態端末オフ2に参加してきた

お久しぶりです。ゆきしろです。

11月21日(土)に八王子で行われた2回目の変態端末オフに参加してきました。

前回はUstからの参加となってしまったので、今回は参加できて非常にうれしかったです。

 

 八王子変態端末オフ2  https://sites.google.com/site/ihcjpevent/

 

会場入り口ではホワイトボードにイエデンワが吊るされ、受付でロビ君がお出迎えというなんとも微笑ましい光景にほっこり。

年末岩手に帰省したら実家に置いてきてしまったイエデンワを回収してこようと固く心に誓いました。

 

参加証を首からぶら下げ、各セッションを拝聴しました。

続きを読む