読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

放浪猫

主にガジェットとかの雑記

Windows8のスタートメニュー「すべてのプログラム」を表示させる

Windows8でスタートボタンがなくなりましたね。

「すべてのプログラム」に容易にアクセスできなくなったので地味に困ります。

有名なスタートボタン復活方法としてはClassic Shell [1]をインストールするのが有名ですが、「インストールする」という行動が何か違う気がするので、別の方法がないか調べたら代替方法がありました。

スタートボタン「すべてのプログラム」とだいたい同じ役割の、「スタートメニュー」をデスクトップのタスクバーに表示させる方法です。スタートメニューをツールバーの項目の一つとして追加します。

手順は以下のとおり。

 

<1.隠しフォルダの表示>

スタートメニューフォルダは隠しフォルダProgramData内にあるため、先に隠しフォルダを表示する必要があります。

 

コントロールパネルウィンドウ

コントロールパネル>デスクトップのカスタマイズ>フォルダーオプション

 

フォルダーオプションウィンドウ

表示タブ>ファイルとフォルダーの表示「隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する」にチェック

 

これで隠しフォルダProgramDataにアクセスできるようになりました。

 

<2.タスクバーへのスタートメニューの追加>

デスクトップ画面

タスクバーの上で右クリック>ツールバー>新規ツールバー

 

新規ツールバー フォルダの選択ウィンドウ

ProgramData>Microsoft>Windows>スタートメニューを開いた状態で「フォルダの選択」ボタンをクリック

 

これでデスクトップのタスクバーにスタートメニューという項目が追加されていると思います。

 

 

[1] Classic Shell フル日本語化版
http://www.dnki.co.jp/download/classicshell/ClassicShell-J.exe